健康なにわとりが産む、新鮮な卵の有精卵黄

伝統にんにく卵黄

伝統にんにく卵黄には、熊本県の管理鶏舎で平飼いしている、健康なにわとりが産む新鮮な卵の有精卵黄を使っています。
なるべく自然に近い環境で、栄養に優れた飼料と阿蘇の地下水を与えてのびのびと飼育することで、鶏たちは生命力を持った卵を産むのです。

実際に卵を割ってみると、丸くて大きな黄身と二層になって盛り上がった白身があらわれます。
にんにくが大地の恵みなら、この有精卵黄はまさに命の恵みと言えるでしょう。

3拍子のそろった、万全な環境で飼育

健康家族の伝統にんにく卵黄は、衛生管理の「環境」・栄養に優れた「飼料」・弱アルカリ水にイオン化した「水」の3拍子そろった万全の環境で飼育しています。

環境

鳥インフルエンザ対策として、防鳥ネットを張り外鳥の侵入を防いでいます。
また、入室時には必ず長靴の消毒を行ったり、家畜衛生保健所の定期検査を受けるなど、衛生管理も徹底しています。

飼料

健康なにわとりを育てるためには、栄養に優れた飼料が大切こまず、ふ化後3日間は、胃腸の消化吸収の働きを高めるために玄米を食べさせ、その後はトウモロコシや大豆などに、にんにくやオリゴ糖を配合した独自の飼料を与えています。

1日に飼料の2〜3倍の量を必要とする飲み水は、阿蘇の地下水を使用しています。
強力な磁気回路で成分を活性化する「マグウォーターシステム」で、弱アルカリ水にイオン化しています。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。