やわや 熟成にんにく卵黄

てまひまかけた昔ながらの「にんにく卵黄」はここが違います!
作り方が違う、にんにくのパワーをじっくり引き出す、昔ながらの伝統製法

にんにくと卵黄をじっくり36時間、低温で加熱し、練り上げます。
有用成分を引き出し臭いを緩和する、こだわりの伝統製法です。

やわたの熟成にんにく卵黄は、こだわりの原材料を配合

寒い青森県に育つ、福地ホワイト六片種は、一つ一つの実が非常に大きく、女性の握りこぶしぐらいの大きさがあります。

にんにく農家の先生が研究を重ねた逸品

やわたの熟成にんにくで使用しているにんにくは、実がしまり六片に分かれているのが特徴で、皮をむくと透き通った白い色をしています。

高級な福地ホワイト六片種は、高い栄養価の表れ、匂いと辛味が強く、料理すればホクホクとして甘いため、市場でも高く取り引きされています。

やわたでは胃に優しくマイルドで、効率良く栄養が取れるよう熟成という加工をほどこしています。

成熟にんにくに合う平飼い有精卵

にんにく卵黄を作るに当たって、重要なのが卵。
一つ一つ手作業で採卵します やわたの場合、熊本県の獣医が常駐する養鶏場の有精卵のみを使用しています。

衛生管理、栄養管理、健康管理もされており、のびのびと動き回る平飼い鶏の有精卵は、栄養価も抜群。鮮度が良い内に、加工してしまうので栄養価も損なわれません。

タンパク質はもちろん、体で合成できない必須アミノ酸も含まれています。

にんにくを30日間熟成 栄養価もギュッとたっぷり

熟成にんにく

職人の手により30日間熟成の過程でにんにくのパワーを内に封じ込める

熟成にんにくができるまで

厳しい土地で育つ自然のめぐみ。福地ホワイト六片種を職人がひとつずつ丹念に熟成しました。
黒く熟成していく中でにんにくの持つ力を内に封じこめます。

空気に触れたときに出る強い匂いと辛みのもと、アリシンこそが、健康や美容に良い成分です。
最近では、この辛み成分アリシンは加工法で様々に変わることが分かっています。

そこでやわたでは、胃にも優しく匂いもマイルドになる熟成したにんにくを「やわたの熟成にんにく卵黄」に使用しました。

職人が季節、天候、気温、湿度に気をつけながら、丹念に1個1個熟成。
熟成の過程の中で、にんにくのパワーをぎゅっと閉じこめ、栄養価が高くなっているのが特長です。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。