にんにく生姜

薬膳に学ぶ食べる温活

食べて体を整える薬膳の基本

古来より中国では、全ての食材を「熱・温・平・涼・寒」という5つに分類して、それぞれの食性を活かした料理を健康維持に役立ててきました。
まさに薬膳は、中国古来の知恵といえます。

寒さが体調に影響しているときは、熱・温を含めた「温性」の食べ物を補い、暑さでバテ気味の時には、涼・寒を含めた「冷性」の食べ物を補うことで、体のバランスを整えていきます。

生姜もにんにくも体を温める温野菜

健康のためには、1年を通じて温かい料理を食べることがオススメです。
冷性の食材であっても加熱処理したり、温性の食材と一緒にとることで、体を温めるパワーを得ることができます。

温性の食材の中でも「生姜」は代表格で、薬膳料理にもよく利用されます。
また、「にんにく」も温性で、元気をもたらすパワーも備えています。

同じ性質を持つ生姜と組み合わせることで、ぽかぽかパワーがアップするため、ともに温活には欠かせない食材です。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。