「におい」がもたらすにんにくパワー

にんにく

にんにくというと独特のにおいが特徴ですが、実はそのにおいこそが重要な成分なんです。
にんにくを包丁で切ったり、おろし金ですりおろしたりすると、におい成分「アリシン」が発生します。

これが反応・変化することによって、100種類以上の多種多様な成分が生まれるのです。
また、アリシンは、糖からエネルギーをつくるのに欠かせないビタミンB1と結合して「アリチアミン」という物質を形成し、この結びつきによって効率よく体内に吸収されます。

にんにくがもたらす元気とスタミナは、アリシンのにおいがあってこそなのです。

冷えている体をにんにくで温める

にんにくが体に良いことは古くから知られていました。
中国では野菜を「熱野菜」「温野菜」「冷野菜」の3種類に分けており、にんにくなどのネギ属野菜は温野菜に属します。

温野菜と冷野菜について、日本では煮ているか、いないかの違いで分けていますが、中国では、食べたあとの体の反応を重視して分類しており、極めて適切であると感心させられます。

事実、ネギ属野菜は生で食べても温野菜としての作用があります。
その中でもにんにくは、熱生産を促す硫黄化合物を最も多く含むことから、特に強力な温野菜といえます。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。