黒ニンニク

今、普通のにんんにくとは違う「黒にんにく」が注目されています。
白いにんにくの中身がまるで焼け焦げているかのように真っ黒な実になっている「黒にんにく」とは、一体どのようなものなのでしょう。

にんにくが体によい、健康に効果的だということは、昔から伝えられてきました。そのパワー成分には、滋養強壮、ダイエットや美容にいたるまでの幅広い効果があり、子どもから大人まで手軽に食べやすく、独特の香りが食欲をそそる人気の食品のひとつです。

そのにんにくを皮ごと一定の温度、湿度で数週間から数ケ月もの長時間をかけて、熟成させたものが「黒にんにく」です。
熟成させたにんにくの皮をむいてみると、そこには形はそのままの真っ黒な実が現れます。

黒い実は従来のにんにくと違い、やわらかく、しっとりとしていて熟成した果実やドライフルーツのようにねっとりとした食感です。そしてにんにく特有のイヤなニオイはなくなり甘酸っぱい香りをもつようになります。
黒にんにくが健康面の効能で最も注目される点は、生にんにくにはないS-アリスシステインという成分が出現することです。S-アリスシステインを使った実験では、強いがん予防作用が認められるという結果が発表され、黒にんにくは一気に注目を集めました。

他にも、にんにくを熟成させることでポリフェノールの含有量が増え、抗酸化作用が増すこと、コレルテロール値の低下、動脈硬化の改善、心疾患予防硬化が高まることが報告されています。
また生では、胃や腸への刺激が強いにんにくも、熟成するとマイルドになり、たくさん食べられることや、ニオイがなくなるので食べた後の口臭を気にすることもなくなり、安心して仕事や外出できることもメリットのひとつです。


三黒の美酢


楽天の口コミで評判の「にんにく卵黄」

ドラッグストアーやネット通販で人気の「にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のにんにく卵黄をご紹介します。
てまひま堂 にんにく卵黄 229-55