元気でいられたのはにんにく卵黄のおかげ

にんにく卵黄 実体験
にんにく卵黄 実体験

次女を妊娠中に、貧血と疲れやすくなり母に「にんにく卵黄」をすすめられ飲む様になりました。
普段にんにく料理を食べると胃もたれするので心配でしたが、思い切ってにんにく卵黄を飲む事にしました。

はじめてみると何も変わらなかったのですが、2.3日飲んでみると調子が良い事に気がつきました。
いつもならすぐ疲れて横になっていたのに横にならなくても大丈夫になりました。

立ちくらみや貧血も改善されました。
妊娠二ヶ月から九ヶ月まで毎日にんにく卵黄を飲みとても元気に妊婦生活を送る事ができました。

ところが9ヶ月を過ぎたころから、だんだん胃が痛くなったり気持ちが悪くなったりする様になりました。
この症状がにんにくを食べた後の症状に似ていたので、もしかしたらと思いにんにく卵黄を飲む事にやめてみました。

すると胃が痛い、気持ち悪い等の症状がなくなりました。
それからにんにく卵黄を飲むのをやめてしまったのですが、ずっとにんにく卵黄を飲んでいたのが良かったのかその後元気な女の子を出産しました。

にんにく卵黄を飲んで途中胃が痛くなったり気持ちが悪くなった事はありましたが、妊娠中だった事、たまたま体調が悪かっただけかもしれません。
なのでにんにく卵黄に悪い印象はありません。

今また疲れやすかったり貧血が少し気になるのでまた飲んでみようかなと思っています。妊娠中にあんなに元気でいられたのはにんにく卵黄のおかげだと思うからです。
だんだん冷える時期になってくるので、冷えにも「にんにく卵黄」は良いと思います。

にんにく卵黄を飲んだ効果について

なんとなく体がだるいという理由で「にんにく卵黄」飲み始めました。
だるいというのは、朝起きるのがダラダラしたり、動きがけだるい感じだったりという、やる気がないのかとも思えるような感覚でした。

でも私は家族のために元気に働かなければいけない45歳です。
職場でもやる気が出ず、ばりばり働くというタイプではありませんでした。

飲み始めてから、最初の方は特に効果は感じられませんでした。
ただ、においとか特にデメリットもなかったので、せっかくだからと飲み続けていました。

1ヶ月ほどたってから、なんだか朝の目覚めがよくなった事に気がつきました。
これまでは目覚まし時計が鳴っても、あー、鳴ってるな。
でダラダラしていたのですが、最近はアラームが鳴るちょっと前に目がパチッと覚めて、そのままがばっと起き上がることができているのです。

それに気がついてから、日常生活の変化にも注意してみました。
そうしたら、自分でも不思議なのですが、動きが軽いのです。

座った状態から起き上がるときもすっと動けますし、家族から雑用を頼まれたときも、明るい気分でさっと動けるのです。
当然仕事場でも同じです。今目の前にある仕事に対して責任感というかやる気が出てきて、仕事に向き合う気持ちが今までと違っています。

調べたらにんにくには元気の素になるアリシンという物質が、卵黄には体をきれいにするレシチンという物質が入っているそうです。
きっとそれぞれ効果を発揮してくれたのだと思います。
飲み続けて、効果を実感しているので、私はこれからも飲み続けます。

オススメのにんにく卵黄はこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のにんにく卵黄をご紹介します。