にんにく卵黄の気になる副作用

にんにく卵黄 副作用
にんにく卵黄 副作用

最近にんにく卵黄は、いろいろな商品が発売されています。
にんにく卵黄は体に良いのはわかりますが、サプリとして摂取したら副作用はどうなのか気になるところです。
当然ですが、「にんにく」と「卵」アレルギーのある人は服用は出来ません。

また「ゼラチン」に対してのアレルギーがある人も、ソフトカプセルの原料としてゼラチンが使用されているので服用は出来ません。
にんにくが効きすぎて、胃の粘膜を荒らしてしまったり、下痢などの胃腸障害が出る場合もあるので、胃腸が元々弱い人は初めは少量からスタートするのが理想です。

もともと、家庭で一般的に作られていた物をを、そのままの成分で飲みやすくサプリにした物がにんにく卵黄です。
にんにく卵黄に使用感されている原料は、単純に「にんにく」と「卵黄」のみの食材なので薬とは全く別のもので、毎日摂取しても体に害を受けるリクスはありません。

色々な商品の中でも、農薬や化学肥料を一切使わない栽培方法の商品がベストです。
そして、コレステロールです。
卵黄を毎日摂取するとコレステロール値が高くなる心配がありますが、卵黄に含まれるコレステロールは「善玉コレステロール」です。

善玉コレステロールは、高い方が理想的で積極的に摂取した方がいいです。
血液がサラサラになる食材の中でも、にんにくは有名です。

動脈硬化にも期待出来ますが、ご自身が処方されている薬の中でも血液が固まる事を防ぐ薬剤を飲んでいる人は、にんにく卵黄の効果と薬剤の効果で効き過ぎる事もあります。
妊娠中でも授乳中でも胎児や子供に影響はなく安心して栄養補給が出来ますが、心配な方は医師に確認することをオススメします。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。
てまひま堂 にんにく卵黄 229-55