自律神経失調症とは?

自律神経失調症の症状

自律神経

体がだるい、なかなか寝れないということは誰にでもあることですが、疲れかなと思って気軽に考えているうちに、めまいや頭痛、うつや動悸という症状がでた場合は「自律神経失調症」の可能性があります。

自律神経失調症は、病院で検査をしても診断の結果は異常なしということが多い症状。

本人にとっては非常に苦しいことで、いつまでも楽にならないんです。
そのため、病院に通院したとしても、薬の量と種類が変わるだけで完治することは難しいといわれている病ですので、自律神経失調症は、病気ではなく症状ということを理解しなくてはなりません。

以上の事から、「自律神経失調症」に必要な事は、薬の投与ではなく症状がでている状態を生じないようにする事が大切です。

にんにく卵黄で自律神経失調症を克服

にんにく卵黄

テレビコマーシャルで良く見かける「にんにく卵黄」。
健康食品としても注目されている商品ですが、これを飲んでから自律神経失調症を克服したという報告もありますので、自律神経失調症かも?と思われた方は、一度試してみてはいかがでしょう?

下腹部がズキズキ痛い、貧血でもないのに頭がクラクラしたり肩こりがひどく、何もやる気がでない。
こんなふうに、自律神経が乱れてつらい毎日を過ごしていませんか?

私の場合は、「にんにく卵黄」が自律神経失調症に効果があるということを知っていたので、母親にプレゼントしようと「にんにく卵黄」をさがしていたところ、「伝統にんにく卵黄」に出会いました。

それが予想以上に、自律神経に効いたんです!
「伝統にんにく卵黄」は添加物が全く入っていないので、安心して母親にも薦められる商品だと思っています。

自律神経系の機能

随意神経系である体性神経系と対照して、不随意である「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能を制御する。

自律神経系はホルモンによる調節機構である内分泌系と協調しながら、種々の生理的パラメータを調節しホメオスタシスの維持に貢献している。

近年では、自律神経系、内分泌系に免疫系を加え「ホメオスタシスの三角形」として扱われることもあり、古典的な生理学、神経学としての自律神経学のみならず、学際領域のひとつである神経免疫学、精神神経免疫学における研究もなされている。

にんにく卵黄 比較でおすすめの商品

にんにく卵黄」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで比較したにんにく卵黄をご紹介します。
てまひま堂 にんにく卵黄 229-55