にんにく卵黄の商品は、生のにんにくをそのまま使う昔ながらの製法で作られています。にんにくに含まれている「アリイン」という成分は、生のにんにくを切ったりすりつぶしたりすることで、「アリシン」という成分に変化します。

これらの成分は、体内に入ってからゆっくりと変化し、さまざまな有用成分となっておだやかに働くと考えられています。

にんにく卵黄 比較ランキング

管理人の今月一押し「にんにく卵黄」
健康家族/伝統にんにく卵黄

健康家族の「伝統にんにく卵黄」は、5秒に1袋売れている大変人気の商品です。
農薬や化学肥料を一切使用していないので、安心・安全のにんにく卵黄といえます。
通常購入:1,382円 税込(送料無料)
定期購入:1,243円 税込(送料無料)

1袋(1ヶ月分):31粒入

てまひま堂/ニンニクゴーゴー
てまひま堂 ニンニクゴーゴー

継続率90%以上/本物を追及した世界基準の品質!

2016年モンドセレクション金賞受賞いたしました!
てまひま堂のにんにく卵黄229-55は、モンドセレクション金賞を4年連続受賞!!
世界が認めたにんにく卵黄です。
品質・味覚・原材料・包装など、総合的に評価された安全で安心の商品!

1,922円→960円 税込(送料無料)

健康家族/伝統にんにく卵黄
健康家族 伝統にんにく卵黄

1億袋突破! 5秒に1袋売れています。

健康家族のにんにく卵黄は、不可能といわれていた、大規模なにんにくの有機栽培を実現!
原料のにんにくは、宮崎県えびの高原で農薬や化学肥料を一切使わずに、土づくりから取り組んで育てたオリジナルのブランドにんにくです。

通常購入:1,382円 税込(送料無料)
定期購入:1,243円 税込(送料無料)

1袋(1ヶ月分):31粒入

にんにく玉本舗/にんにく玉ゴールド
にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールド1ヶ月お試しセット

にんにく玉ゴールドは、今だけ2袋セットで通常価格4,484円が2,400円で購入出来るので大変お得!
にんにくと卵黄だけを、手塩にかけて36時間コトコトじっくり煮詰める伝統製法なので、安心して摂ることができます。
特別価格:4,484円→2,400円 税込(送料無料)
「1ヶ月お試しセット」

1袋(1ヶ月分):60粒入

花菜/三黒の美酢

花菜 三黒の美酢

ダイエッターの間で話題騒然!

花菜の三黒の美酢は、黒発酵ダイエットとして話題騒然の商品です。
発売から3年、じわじわと人気に火がついて、2,000,000粒突破!
いつまでもスリムに綺麗でいたい方にオススメです。

通常価格:2,800円→1060円 税込(送料無料)
1袋(1ヶ月分):62粒入

やずや/にんにくしじみ
やずや にんにくしじみ

2球でしじみ約500個分相当のオルニチンを配合した商品

しじみは健康に肝心なアミノ酸である、オルニチンやビタミンなどを多く親しまれてきました。
やずやの「にんにくしじみ」は、お客様の声から生まれた商品です。

通常購入:2,000円 → 1,000円(送料無料)
1袋(1ヶ月分):62粒入り

にんにく卵黄とは

にんにく卵黄とは

今や雑誌やテレビコマーシャルなどで全国的にも有名になった「にんにく卵黄」ですが、そもそもは中国から渡ってきたにんにくが、南九州の土地で体によい滋養のある食べ物として一般家庭に普及して食べられていたことがルーツだと言われています。

薩摩地方など九州の南地域の各家庭では、にんにくと栄養価の高いニワトリの卵を合わせて料理したり、乾燥させ保存する食べ物として「にんにく卵黄」が作られていました。
にんにく卵黄は以前から日本の地域伝統の貴重な食べ物として存在していたのです。

にんにくは、その独特の臭気から好き嫌いが分かれる野菜でもありますが、栄養価の高さはすばらしく、なかでもアリシンという成分は、殺菌作用も高く、体の活力をアップさせ、元気の源を作り出してくれる働きをしてくれます。
昔から、にんにくを食べると元気になる、健康増進作用がある、美容にもよいと言われている理由のひとつです。

また卵も完全栄養食として知られる食べ物ですが、その栄養バランスの良さだけでなく、ヒトの細胞膜をつくっているレシチンという成分を含み、そのパワーが若々しい細胞を作る手助けをしてくれたり、不要なものを排出し代謝をよくしてくれる働きをし、また美容と健康を維持するのに欠かせない成分のビタミンEも豊富に含んでいます。

そのにんにくと卵を組み合わせた食べ物「にんにく卵黄」は、美容と健康、そして滋養によい食べ物として受け継がれた日本の知恵であり、昔は各家庭で作られ子どもから年配者までが愛用して摂っていたものです。
そして現代では抽出した成分を閉じ込める技術が改良され、広く販売されたことでカプセルや商品「にんにく卵黄」として手軽にとれるようになりました。

黒にんにくとは

黒ニンニク

今、普通のにんんにくとは違う「黒にんにく」が注目されています。
白いにんにくの中身がまるで焼け焦げているかのように真っ黒な実になっている「黒にんにく」とは、一体どのようなものなのでしょう。

にんにくが体によい、健康に効果的だということは、昔から伝えられてきました。そのパワー成分には、滋養強壮、ダイエットや美容にいたるまでの幅広い効果があり、子どもから大人まで手軽に食べやすく、独特の香りが食欲をそそる人気の食品のひとつです。

そのにんにくを皮ごと一定の温度、湿度で数週間から数ケ月もの長時間をかけて、熟成させたものが「黒にんにく」です。
熟成させたにんにくの皮をむいてみると、そこには形はそのままの真っ黒な実が現れます。

黒い実は従来のにんにくと違い、やわらかく、しっとりとしていて熟成した果実やドライフルーツのようにねっとりとした食感です。そしてにんにく特有のイヤなニオイはなくなり甘酸っぱい香りをもつようになります。
黒にんにくが健康面の効能で最も注目される点は、生にんにくにはないS-アリスシステインという成分が出現することです。S-アリスシステインを使った実験では、強いがん予防作用が認められるという結果が発表され、黒にんにくは一気に注目を集めました。

他にも、にんにくを熟成させることでポリフェノールの含有量が増え、抗酸化作用が増すこと、コレルテロール値の低下、動脈硬化の改善、心疾患予防硬化が高まることが報告されています。
また生では、胃や腸への刺激が強いにんにくも、熟成するとマイルドになり、たくさん食べられることや、ニオイがなくなるので食べた後の口臭を気にすることもなくなり、安心して仕事や外出できることもメリットのひとつです。

にんにくの効果・効能

にんにくの効果・効能

パワーフードのひとつでもある「にんにく」の効果と効能を詳しくみていきましょう。
にんにくの特徴といえば、やはりその独特のニオイかもしれません。

食欲をそそる香りでもあり、人によっては苦手なそのニオイの正体は、「アリシン」という成分です。
他にも同様の臭気をもつ野菜には「にんにく」「ニラ」「ネギ」「たまねぎ」などがありますが、やはりアリシンが含まれています。

ただし、そのアリシンは水分に溶けやすく、熱にも弱いという、加工の仕方によってとても変化しやすい性質をもっています。
また、パワーが強いがゆえに、摂り方によっては胃や粘膜に過度の刺激を与えてしまうこともあります。

せっかくのにんにくの効能も、調理の仕方や保存の仕方、また食べ方次第では、パワーが減ってしまったり逆に負担になったりして、体に効果を取り込むことができなくなってしまいます。
にんにくの効能をしっかりと取り込むためには、一緒につかう油の種類や調理の仕方、またカプセルなら素材や加工の仕方にも十分注意して選ぶことが大切です。

卵黄の効果・効能

卵黄の効果・効能

にんにく卵黄の効果のなかで、にんにくと同様に大切な成分である卵の黄身、卵黄の効果と効用についてみていきましょう。
食品としての「たまご」は、生命の源でありそこから生命が生まれてくるほどの力を持っている状態、つまりは完全な栄養バランスをもっていることになります。

そして卵のなかに含まれる成分のなかでも割合が大きく特徴的なのが、「レシチン」という成分です。
卵黄にはたんぱく質、水分、脂質が含まれるのですが、卵黄脂質の中の大部分を占める主要成分がレシチンとなります。

レシチンの役割は、水溶性の物質と脂溶性の物質を混ぜて融合することのできる、乳化剤のような役目がであるため、ヒトの細胞間の物質の通りをスムーズにしたり、要らないものを排出しやすくする働きがあります。
その結果、血液を流れやすくして血行循環をよくしてくれたり、老廃物を体の外へ排出しやすくするという効果が現れます。

以前は、たまごを食べすぎるとコレステロール値が上がる、健康によくない、といったイメージが強く、卵黄にも不健康なイメージをもつ人が多かったのですが、現在の研究結果では、逆にコレステロール値を低下させ、動脈硬化を防ぐ、脂肪の代謝を促進することで肥満の改善にもつながることがわかっています。

また最近注目されている効果、効能には、脳の活性化があり、記憶力を高めてくれることや老化の防止、アンチエイジングにも効果があることがわかってきており、卵黄を摂ることがプラスのイメージに変わりつつあるようです。
このレシチンが含まれる他の食品には、大豆やレバー、うなぎ、穀類などがあり、やはり昔から健康によい、美容効果があるとされる食品であることもうなずけます。

にんにく卵黄の飲み方

にんにく卵黄の飲み方

昔ながらのにんにく卵黄は手間ひまかけて作りますが、臭いが気になってという方が多い中、最近は各メーカーからカプセルタイプの商品が発売されています。
手作りで作るにんにく卵黄と比べると、ソフトカプセルに臭いの元ととなる栄養成分を全て閉じ込めるので、気になる臭いも全く気になりません。

そんなにんにく卵黄の飲み方ですが、薬ではないので特に決まった時間に飲むということはありませんが、その効果を十分に引き出すには食前・食後がオススメです。
ただ、にんにくに含まれるアリシンには強力な殺菌作用があるため、空腹時に飲むと胃が荒れる可能性があるため食前・食後が良いでしょう。

にんにく卵黄の摂取量は各メーカによって異なりますが、成分構成により自己判断を行わずに、適切な量がそれぞれ定められているので、メーカが推奨する摂取量を守ってください。
また、1日の摂取量が変わらなければ、一度に飲んでも分けて飲んでも問題ありませんので、自分の体調に合わせて飲み続けてください。

にんにく卵黄の気になる臭い

にんにく卵黄の気になる臭い

にんにくは体によさそう、と思っていても、あのニオイがどうしてもダメ…そういう方も多いと思います。
また、にんにくは大好きだけど、デートのときや明日の仕事のことを考えると、やはり敬遠されることも多いでしょう。

にんにくだけでなく、ニラやタマネギなどもあの独特のニオイがするものですが、そのニオイの正体は同じもので「アリシン」という成分です。
アリシンの役目は体によい健康効果が注目の成分ポリフェノールと同じで、抗酸化作用をもち、病気に対抗するパワーが期待されています。

体によいものはしっかり摂りたいとはいえ、やはりニオイは気になるところ。
にんにくのニオイを軽減する方法としては、ゆっくり長い時間をかけて中まで火を通して調理したり、大量の生姜などの香草を一緒につかうなど色々な方法もありますが、外食ではそうもいかないし、家庭で行うにもなかなか難しいところです。

そこで登場するのが、卵黄の効果です。にんにくに卵黄を一緒につかうことで豊富な栄養成分もとれるのと同時に、卵黄がにんにくの臭気を包み込むマスキングの役割も果たしてくれるのです。
しかも卵黄とにんにくを一緒にとることにより、アリシンの効果効能も倍増し、体のなかに栄養素が長くとどまり吸収率をあげることができる嬉しい効果もあります。

また、研究された技術で錠剤やカプセルなどに加工されたにんにく卵黄なら、気になるニオイもしっかりパッキングされ飲みやすくされているので安心です。
実際にカプセルなどの形で飲用している方の感想では、ニオイが気にならない、飲んだ後もにんにく臭いとは感じない、にんにく臭いと言われたことはない、というものが殆どだといえます。

にんにく卵黄 口コミと評価

にんにく卵黄を実際に購入し、試された方から口コミと評価をしていただきましたので、参考までにご覧ください。

にんにく卵黄 口コミと評価


匂いもまったく気にならない
東京都:60代/男性
評価 ★★★★★ 5.00

団塊の63才ですが、15年ぐらい前から定期購入していて、その間、子供たち(成人)と数パック購入することもありました。
匂いもまったく気にならないし、ハードな仕事があるときはその前に、にんにく卵黄を1回に3粒をまとめて飲んでいます。
普段から肉料理などには、生ニンニクや乾燥ガーリックスライスを積極的に使っていますが、にんにく卵黄の商品なら臭いも気にならないので安心です。

にんにく卵黄 口コミと評価


すっきり、、。
群馬県:30代/女性
評価 ★★★★★ 5.00

私はネットの口コミを見て気になっていた、健康家族の伝統にんにく卵黄を初めて購入しました。
飲みはじめて1週間になりますが、今のところ効果は感じていません。
それでも薬との違いが分かっているので、しばらく飲み続けてみようと思っています。

にんにく卵黄 口コミと評価


リピートです。
鹿児島県:40代/男性
評価 ★★★★★ 5.00

SS中だったことと、ポイントイベントが重なっていたことが大きな購入理由なのですが、やはりこのにんにく卵黄の商品が私には一番合うようです。
朝からどんよりしてスッキリしないことが多いのですが、夕食後にこの商品を摂っていると、翌朝スッキリとした気持ちになります。
人によって合う合わないがありますので、あまり強くはお勧めしませんが、試してみる価値はあると思います。

にんにく卵黄 口コミと評価


飲み続けることで実感!
山口県:50代/男性
評価 ★★★★☆ 4.00

朝起床後に1個を1月試してみて、その1日が以前より、元気に過ごすことができる。
そんな感覚です。継続することが大事でしょう。
漠然としていますが、やめる気にはならないというのが実感です。

※あくまでも個人の感想です

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄は体によさそうだし、食品だから副作用の心配はないだろう。そう認識している方は多いかと思います。
多くの商品の注意書きには、食品なのでいつ飲んでもよい、他の薬と飲み合わせても問題はない、といった表示をよく見かけます。

確かに、にんにく卵黄も薬品とは違ってにんにくと卵黄からできている食べ物なので、基本的には小さい子どもから老若男女誰にでも飲用でき、食事と一緒に摂取しても大丈夫とされています。
しかし、やはり気をつけたい点はあります。

まずは安心だからといって既定の量以上に大量摂取はしないことです。
多く摂りすぎると、にんにくの有効成分のひとつである強い殺菌作用が、ヒトの体の中にいる有用な菌まで殺してしまい、胃の粘膜を荒らして炎症を起こしたり、腸内のバランスを崩すことにつながり、便秘や軟便といった不調を引き起こすこともありえるからです。

胃腸が弱いという自覚のあるかたなら、既定の摂取量より少なめに飲用するのもよいと思います。
また他には、食物アレルギーの方が摂取してしまうと、症状が起こる可能性があります。

にんにく、そしてたまごアレルギーの疑いがある場合、過去に症状がでたことがある方は注意が必要で、また直接食物アレルギーを発症していない場合でも、アトピー性皮膚炎などの症状がある場合は、医師の診断や検査を受けてから飲用することが望ましいでしょう。

また、他の種類の商品を常飲している方、漢方などの薬を飲んでいる方の場合は、飲み合わせによる反応や症状がでる可能性もあります。
にんにく卵黄だけでなく、複数の商品を併用している際には、そのメーカーや主治医へ相談してからの飲用をおすすめします。

にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄の作り方

現在ではカプセルやタブレットなど、手軽にとれるタイプのにんにく卵黄が普及してきましたが、にんにく卵黄の歴史は意外にも古く、江戸時代には各家庭でにんにく卵黄をつくり、参覲交代の武士が携帯するなど、今の商品のように活用されていたといわれています。

にんにくは体によいもの、その認識はすでに広まっていましたが、携帯するためにはあのにんにく独特のニオイを封じ込めねばなりません。
そこで、利用されたのは卵黄です。にんにくを卵黄で包みこむことでニオイも防ぎ、さらに卵黄の高い栄養価も一緒に摂ることができるという優れたアイディア。昔の人の知恵には頭が下がりますね。

そこで、現在でも同じように家庭で作る方法を紹介しましょう。
いろいろな方法がありますが、基本的なレシピは以下の通りです。

まず生のにんにくの皮をむき、実をすり潰すかフードプロセッサーで細かくしてペースト状にします。そのにんにくペーストを鍋で火を通しながら、卵黄を加えていき、焦げないように注意しながらゆっくりと練り上げて水分をとばしていきます。
その後、バットなどに移して適度に乾燥させ、柔らかいうちに棒状にまとめます。そして天日干しでさらに乾燥させ、小さくカットして完全に乾くまで乾燥を繰り返します。

最初の下準備や手順に違いもありますが、基本的な作り方としてはこのような方法をとり、乾燥させて錠剤にしたり、もっと細かくして粉末状にしたり、またカプセルに入れるなど飲みやすく加工することもできます。
自家製のこだわりにんにく卵黄を作ることも魅力的ではありますが、質のよいにんにくと卵を手に入れることからはじまり、時間と手間のかかる方法であることは間違いないようですね。

にんにくの出荷量

にんにく卵黄に使用されているにんにくは青森県産が多いようですが、出荷量は全国の約8割が青森県産がしめているといわれています。

にんにくの出荷量ベスト5

1位 青森県 9,490トン
2位 香川県 624トン
3位 宮崎県 324トン
4位 岩手県 202トン
5位 熊本県 173トン

青森県でのにんにく出荷量ベスト4

1位 十和田市 2,020トン
2位 七戸町 1,230トン
3位 東北町 974トン
4位 五戸町 951トン